2011年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.09.27 (Tue)

ぱっくんの飼い主さんが見つかりました!!

以前このブログでご紹介したぱっくんですが、
なんと!元の飼い主さんが見つかったとのお知らせをいただきました~!

ぱっくん、よかったね!
E381B1E381A3E3818FE38293-thumbnail2.jpg

元の飼い主さんは今も避難生活中で生活もままならず、
ぱっくんと生活を共に出来る状態ではないそうです。

本当の名前など詳しいことはまだ判りませんが
判り次第またこちらでもご報告させてもらいますね。

いや~本当によかった!
よかったよぉ~!
スポンサーサイト
21:15  |  福島被災犬 さつき(仮)ちゃん  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2011.09.27 (Tue)

南相馬への旅その3 原町編

鹿島を後にして隣町の原町区へ。

お昼ごはんを食べに『道の駅・南相馬』へ来たものの、
暑さからか、緊張感からかお腹があまり減っていない。

で、パパさんが福島県出身のイヴハロ家オススメのアイスまんじゅうをいただきました。
想像していたよりもヴィヴィットなパッケージです。
11-0916-05.jpg

ミルク味のアイスと甘いあんこがベストマッチ。
あっつい身体に染み渡りました~。
11-0916-06.jpg

その後、原町の消防団のみなさんに支援物資をお届け。
あいにくこの休憩所がお留守だったので軒先にお手紙付けて置いてきました。
(もちろん担当者さんに連絡し承諾をいただいて、です。)
11-0916-07.jpg

直接渡せなかったのは残念でしたが、
「応援しています」の気持ちは伝わったと思います。


お次はさつきを最初に保護した和菓子屋さんへ。
車から降りてしばらくは当時の怖かった記憶が蘇ったのか、
なんとなくオドオドした素振りを見せていたさつき(仮)でしたが、
小学校から帰ってきた娘さんを見るなりテンションアップ♪
でも子供には飛びつかないんですよね~。コレ不思議。
11-0916-08.jpg

デレデレですわ(笑)
11-0916-09.jpg

こんな風に抱えて保護してくれたんですって。
11-0916-10.jpg

冷たいコーヒーをご馳走になりながら色々お話させていただきました。

さつき(仮)は和菓子屋さんでは『さくら』と呼ばれていたこと。
エサはあげても食べなかったこと。
寒さと恐怖でずっと震えていたこと。
そんな『さくら』に毛布を与えたり雪がかぶらないように工夫してあげたりと
娘さんがお世話してあげてたこと。

一緒に原町第一小学校の避難所にも行ってくれました。
が、こちらの避難所は閉鎖され、石神第一小学校避難所に統合されたとのことでした。

和菓子屋さんには何から何までお世話になった上に、
帰りにはお土産までいただいてしまって。
おまんじゅう、とっても美味しかったです!ありがとうございました♪



こちらは南相馬市役所。
以前、郵送したさつき(仮)のチラシが同封したお手紙と一緒に貼りだされていてビックリ。
もちろん今回、ぱっくんのチラシも貼らせていただきました。
11-0916-12.jpg

それから石神第一小学校避難所へ。
こちらは避難所の中の掲示板に貼らせてもらったので
写真を撮ることは遠慮しました。
うん、とても写真を撮るなんてできませんでした。

本当ならもっと街を歩いてさつき(仮)の反応を見たかったのですが、
予想以上の暑さでもう犬たちを歩かせるのは無理と判断しました。
また、私たちも寝不足と暑さで少々ぐったり。
まだ3時半でしたが、インターに入るまでの2時間の山道を
明るいうちに通ってしまいたいってのもあり、家路につくことにしました。


飯館村のたぶん田んぼ。
猪苗代で見たような黄金色の稲穂が風に揺れていたはずなのに。
国は福島をどうしようっていうのでしょう。
11-0916-13.jpg


なんとか明るいうちに東北道に入り、5時半にサービスエリアでお昼ごはん(苦笑)
途中、30分の仮眠もとりつつ、家についたのは10時を過ぎていました。


今回の旅、新しい情報や奇跡の再会!なんてなかったけど、
ちゃんと色んなところに足跡を残してこれました。
本当はもっともっと残してきたかったけど、
最初から無理はしないと決めていた旅です。
出来ることはやってきた。だからヨシ◎とします。

あとは飼い主さんのご無事を祈りつつ、
一日も早い連絡を待つばかりです。





01:27  |  福島被災犬 さつき(仮)ちゃん  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.09.20 (Tue)

南相馬への旅その2 鹿島編


朝7時半に磐梯グリーンロッジを出発。
お散歩のときは肌寒いくらいだったのにもう暑い。

黄金色の稲穂がきれい。
さよなら磐梯山。いってきます!
11-0916-01.jpg


猪苗代からまた高速道路に乗って二本松で降りる。
ここから南相馬までは山道です。
途中、全村避難になっている飯館村も通りました。
家々の窓はカーテンで閉め切られ、庭の草は伸び放題。
コンビニも、農協も、郵便局も閉まっている。
ちょっと…
写真は撮れませんでした。


10時半、南相馬市鹿島区に到着。
最初に行ったのは千倉応急仮設住宅。
この仮設住宅は全92戸、ペットを飼っている人だけが住んでいます。
主に20キロ圏内の小高区の方と、津波の被害に遭われた方だそうです。

和菓子屋さんの旦那さんがボランティアセンターの方にお話を通してくれていたおかげで
ペットフードを差し上げるのも、チラシを貼るのも問題なくできました。
のんたんパパさん、ありがとうございました!!

平日の昼間だったのでほとんどの人がお仕事に出られてたみたいですが、
集まってくれたみなさんは遠慮しながらも、喜んでもらってくれました。

イヴハロ父・ママさ~ん! アポルナパパ・ママさ~ん!
チビスコさ~ん! ロミオファミリーさ~ん! ケンさんきぃちゃ~ん!
みんなの想い、しっかりと届けたからね!


「それ猫のよ~。あんたんち犬でしょ?」

「うちは猫のかけてあげんのよ。んいや、どっちだっていいのよ~」

「ほら、あたしこんなにもらったから。
決まったの(決まって食べてるフードが)なければあなたももらいなさいよ」

「うちの7歳だからこれがいいや」

11-0916-02.jpg

「んまーこんなにいい缶詰をたくさん!」

「いいの?もらっていいの?」

「これは柴専用って書いてあるから柴のなんでしょ?」

「いやー柴じゃなくったっていいのよ~。何でも食べるならもらってけば?」

11-0916-03.jpg

柔らかい福島の方言でおしゃべりしてるお母さんたち。
でもでも、この中には津波で家が流されて財産をすべて失ってしまった人も、
地震で仕事を失ってしまった人もいるんです。
きっと大事な家族を失った人も…。

そんなお母さんたちの生活。
たったドッグフード一袋分、キャットフード一袋分だけど、お手伝いできたかな?
できたよね!やらないよりやって良かった!うんうん。


チラシもしっかり貼らせていただきました。
ぱっくん(仮)とさつき(仮)並んで♪
11-0916-04_20110920224812.jpg


この掲示板、まるっきり屋外に設置されていたんです。
雨対策を忘れててチラシをプリントアウトしたままでしか用意していませんでした。
うんちょす袋を広げてみてどうにかならないかモゾモゾしてたら
市の職員の方かな?ボラセンの方かな?が3人様子を見に来てくれて
「これ使ってください」ってクリアファイルをくれました。
「ぼくのもどうぞ」って2枚。
もう本当に申し訳ない!そしてありがとうございます!

セロハンテープ(これは持ってた!)で雨に濡れないように口を閉じて、
貼るスペースが狭かったので1点で留めてみたら
「ナナメの方が目立っていいんじゃないですか」ってもう一人の職員?ボラセン?の方が
笑って言ってくれました。

正直、犬のことよりまず人のことでしょ。
って言われないまでもそんな空気なんだと思ってました。
そんな空気の中気合い入れて頑張らにゃいかんのだと思ってました。
だから犬のチラシが目立ってもいいって笑ってくれたことが
すごく救いというか…入れ過ぎてた気合いをほぐしてくれました。

さらに、
埼玉から飼い主探しのためにやってきた私たちに、

こうやって頑張ってくれてるのはボラさんだけなのよねぇ。
遠くからご苦労様です。
暑いでしょ。あがってお茶飲んでって。

ってねぎらいの言葉を掛けてくれるお母さんたち。
テレビでボランティアから帰って来た人がよく
「逆に元気をもらいました」って言ってるけど、あれ、本当です。
あたしたちもいっぱい、いっぱい元気もらいました。

千倉仮設住宅のみなさん、本当にありがとうございました!


その後、隣接する鹿島小学校に3枚ずつと鹿島幼稚園に1枚ずつ
ぱっくん(仮)とさつき(仮)のチラシを渡しました。
目立つ所に貼っていただけるとのことです。


残念ながら鹿島区で出会った人たちの中にはさつき(仮)を見たことがある
と言う人はいませんでした。

午後はいよいよ原町に入ります。

その3に続く。
23:39  |  福島被災犬 さつき(仮)ちゃん  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.09.19 (Mon)

南相馬への旅その1 準備・移動編

行こう!行かなきゃ!行くべきだ!

と散々言っていたさつき(仮)の故郷、南相馬への旅がやっと実現しました!


さつき(仮)が保護された南相馬市原町区は福島県浜通りの北部。
第一原発からは25キロの地点にあります。
海沿いの街で津波の被害も受けました。
現在は「緊急時避難準備区域」に指定されています。
だから誤解を受けやすいのですが
線量は50キロ以上離れた福島市内や郡山市と同じくらいか、
風向きなどによってはそれより低いです。

ただ、街の状況が分からなかったので
もし途中で車が故障でもしたら直してくれる所は営業しているのか。とか、
身体の具合が悪くなったら。とか…。
そんな心配ごとの尽きない福島への旅を後押ししてくれたのは
さつき(仮)を保護してくれた和菓子屋さんの一言。

「こっちの生活は普通ですよ。線量も高くないし。自分が被災者だって自覚はないんです。」

3.11以降唯一止まったライフラインは電気だけ。
それも大地震当日の半日だけ。
水道水からセシウムは検出されておらず、
商店だって営業時間は短くなったものの昼間は通常通り。

それを聞いた心配症のケンさんも
「よし。行ってみるか!」と言ってくれました。
お休みも少し無理をして取ってくれたのです。


日程は9月15日~16日の1泊2日。
とても急な話だったにもかかわらず、
声を掛けさせてもらったらこんなにたくさんの支援物資が集まりました。
11-0915-01.jpg
ペットフードは千倉仮設住宅の皆さんに、
カップラーメンは原町の消防団の皆さんに持って行きます。

イヴハロ家 アポルナ家 ビスコ家 ロミオ家 サラ家 のみなさん、
それから義母のお友達のイシイさん、サクライさん、ナカヤマさん、カワムラさん、テシマさん。
中にはへそくりはたいて3箱も持ってきてくれた方もいました。

みなさんこう言ってました。
「私には少しのお金を送ることと、福島の物を買うことくらいしかできない。
だからこういう機会を作ってくれてありがとう。また何かあったら必ず教えてね。」

そんなみなさんの想いを乗せて
11-0915-02.jpg

行き道、ペットフードを買い足して午後1時、出発しました。
前日のケンさんのお仕事がハードだったのでゆっくり出発です。
11-0915-03.jpg

とか言いつつけっこう飛ばして那須高原S.A.で1度目の休憩。
実はこの日、9月15日はメイのお誕生日でした。
お出かけ大好きなメイですから今回の旅もきっと喜んでいたと思います。
11-0915-04.jpg

福島に入ると急にそわそわしだしたさつき(仮)。
何か感じるの?
11-0915-05.jpg

東北道、まだ一部路肩などの補修工事をしていました。
11-0915-06.jpg

そわそわは気のせいだったみたいね(笑)
11-0915-07.jpg

本日のお宿。
猪苗代に着いた時にはもう日も沈み…。
11-0915-08.jpg
楽しみにしていた猪苗代湖での水遊びは出来ませんでした。

夕食の買い出しをコンビニで済ませ、
6時半に磐梯グリーンロッジに到着。
家を出てから休憩も含めて5時間半。
この日は本当に移動するだけの日になってしまいました。

お誕生日だというのにいつものカリカリ。
しかもちゃんとしたお皿にも入れてもらえないという。
これはちょっと可哀そうだったかしら。
11-0915-09.jpg


翌朝、ケンさんは3時半に目が覚めてしまい、そのあとどうしても眠れず。
起こさないように気をつけていてくれたんだけど
その気配であたしも5時に起床。
ぼーーーっとしながら身支度を済ませ、朝のお散歩です。
奥に見えるのが磐梯山。朝日が当たってすごくきれいでした。
11-0915-11.jpg

ずーっと続く山道。
最高のお散歩コースですよ。
11-0915-14.jpg

こちらが私たちが泊まった2号棟。
11-0915-10.jpg

看板犬のゆりちゃん。
最初はワンワンしちゃうけど慣れればお腹を出して甘えてくれる可愛い子です。
11-0915-12.jpg

とってもお得で居心地の良い貸別荘です。
が、お値段が安いだけあってすべてが衛生的かと言えば…そうではありません。
我が家的には合格点でしたけど。
気になる方はタオルや割り箸くらいは持って行った方がいいかもしれませんね。

今度はテラスで磐梯山を眺めながらバーベキューしたいな~。
11-0915-13.jpg


その2へつづく。
17:32  |  福島被災犬 さつき(仮)ちゃん  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.09.08 (Thu)

ぱっくんブログ

さつき(仮)をお預かりしてから4カ月が経過しました。
お預かりのボランティアなんてするのは初めてですから
ただ健康に注意して一緒に生活してあげてればいいんだと思っていました。

でもそれもいいけどこういう手もあるよ~って教えてくれた気がしたのが
福島被災犬 ぱっくん~飼い主さん探してます!です。

さつき(仮)と同じレスキュー団体から保護されたぱっくん(仮)の
一時預かりをされている方のブログです。

この子がぱっくん(仮)です♪ ぺたママさん写真お借りしました~
E381B1E381A3E3818FE38293-thumbnail2.jpg

保護された場所は浪江町の、それも双葉町に近い地域です。
男の子で未去勢、推定5歳。体重17~18キロ程度。
写真の青い首輪をした状態で保護されました。
とても人懐っこく、犬にもフレンドリーな子です。


ぱっくん(仮)をお預かりしているぺたママさんは
震災の前から保健所に持ち込まれた犬を
新しい飼い主さんが見つかるまで預かるボランティアをされていて
いわば一時預かりさんの大先輩。

彼女が早い時点からぱっくん(仮)のチラシを98!もの避難所に郵送したり、
ブログをツイッターやフェイスブックに連動させたりと
積極的に飼い主さん探しをしているのを見て、
あたしもやるだけやってみよう!と思ったのです。

実はぱっくん(仮)、我が家が面会した3頭の保護犬のうちの1頭でした。
実際に会って、ナデナデして話しかけていたのでとても他犬とは思えません。

ぱっくん(仮)の情報も何かありましたら
アニマルエイド 048-726-1334までお知らせください。

ぱっくんチラシ

よろしくお願いします。
14:31  |  福島被災犬 さつき(仮)ちゃん  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2011.09.05 (Mon)

赤い首輪

先日さつき(仮)を最初に保護してくれた南相馬の和菓子屋さんから
このブログにコメントをいただきました。

さつき(仮)のことをずっと気にかけてくれてたそうで、
ずいぶんと穏やかな顔になってて安心したと言ってくれました。

そして新しい事実も教えてくれました。
和菓子屋さんが保護した時は赤い首輪をしていたんですって!
ただし、あまりにも汚れがひどく、切れかけていたので
和菓子屋さんが首輪を取り替えてくれたそうで。
そしてその赤い首輪、もう残っていないそうです。

でも首輪をしていたと分かっただけでバンザーイ!

だって首輪をしたまま放すのと、
首輪ごと外して放すのでは飼い主さん側の心理が全く逆、ですよね。

レスキュー団体さんからはさつき(仮)はたぶんしていなかったと聞いていたので
「あ~飼い主さん、もうこの子を探す気ないのかな」って8割思っていたんです。
こんな風に飼い主さん探しをするのも無意味なのかなって。

でも違いました。嬉しい嬉しい新事実です!



それから保護してくれたのが小学校2年生の女の子だということも分かりました。
地震直後から1か月も放浪していたさつき(仮)ですが、
その間警戒心が強く大人が近づくと一定の距離を保って逃げていたそうです。

当時、さつき(仮)と同じように放浪していた大型犬や猟犬が何頭もいたそうで、
その犬たちがお年寄りを取り囲んで危険な状態になったこともあったとか。

さつき(仮)がその中にいたわけではないのだけど
やはり何があるか分からないから保護しようとしますよね。
でも逃げちゃう。その繰り返し。

ところがある日、和菓子屋さんの小学校2年生の娘さんが捕まえちゃったと。
子供には警戒心ゼロだったそうです。
やっぱりさつき(仮)は子供が大好きなんですね。


それからあまりに水を怖がるのでもしかして津波に…と考えていましたが、
どうやらそれはなさそうです。


もうひとつ怖がることと言えば上方面から響いてくる音。
雷はもちろんめちゃ怖だけど、
例えば工場の屋根辺りから排気される『ショーショーショー』みたいな音もダメだし、
バスやトラックが近くを通るのもダメ。
家の中にいても『シュ』とか『ゴ』とかちょっと何か響いただけで身体を低くし
目だけ上を見て様子を窺うような素振りを見せます。
最近は雨音もダメで、ちょっと強く降るともうこの通り。
目玉ひんむいて「助けてーーー!」って。
11-0905-02.jpg

ずっと何で上を見るんだろうって思ってました。
地震の時物が落ちてきて怖い思いをしたのかな?って思ってましたが、
和菓子屋さんのお話だと、さつき(仮)がいた地域では
地震の前に地鳴りが響くんだそうです。
それが怖いんじゃないかって言ってました。
なるほど納得です。
必ず上を見るのは地鳴りの恐怖からだったんですね。


和菓子屋さんの旦那さん、とっても親切にお話を聞かせてくれました。
本当に本当に感謝です。
ありがとうございました!


17:47  |  福島被災犬 さつき(仮)ちゃん  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。